住宅ローンアドバイザーの申し込みをしてみよう

住宅ローンアドバイザーの試験に合格したとしても、3年以内に更新をする必要があります。
これらの住宅ローンアドバイザーの資格は自動的に更新されることは有りませんから、3年の期間に注意が必要です。
万が一、3年以内に更新をしないならば、無効になりますから、この点気をつける必要があります。
資格取得から3年以内に、すべての住宅ローンアドバイザーの資格取得者は、継続講習を受ける必要が生じますが、この継続講習を受けて、そののちに6割程度の正解率が求められるようになります。
万が一、6割程度の正解率を得ることが出来ないのであれば、再度継続講習課題を受ける必要が生じます。
継続講習課題の終了基準が満たないとしても、再度のチャンスがあるということです。
住宅ローンのネット申し込みは?