オリゴ糖とはなに?効果や危険を分かりやすく解説

 

お通じが快調になったり、ダイエットに効果があると言われるオリゴ糖とは、どのような物なのでしょうか。

 

実は、オリゴ糖の定義ははっきりとしていません。

 

また、オリゴ糖の成分によっては、その効能や働きが異なります。

 

そのため、オリゴ糖とはこういうものだとは一概に断言できません。

 

例えば、砂糖がさとうきびから出来ているように、オリゴ糖がどんな作物から抽出されたものかというのは、製品によって異なります。

 

オリゴ糖は、液体のものや粉末のもの、或いは粒状に加工されたものがあり、使用用途に応じて使い分けられます。

 

オリゴ糖のカロリーは砂糖の半分以下で、甘みも同様に半分程度です。

 

オリゴ糖
の特徴は、体内で吸収されにくく、体外に排出されやすいため、ダイエットに適した甘味料とも言えます。

 

オリゴ糖を摂取することで得られる効果としては便秘改善、ダイエット効果、虫歯予防、大腸がん予防、糖尿病予防、カルシウム吸収促進効果、ビフィズス菌増殖効果が挙げられます。

 

オリゴ糖は、様々な食品添加物や加工品に使用されており、砂糖の代わりに菓子類や飲料に使用されたり、意外なところではハムにも使用されています。

 

一般家庭でも、料理やお菓子作りの際に砂糖代わりにオリゴ糖を使用しています。

 

但し、多量摂取するとお腹がゆるくなる恐れがありますので、適度に使用する必要があります。

 

尚、現在使用されているオリゴ糖は、天然成分から抽出されているので、病気療養の方や妊婦、或いは小さなお子様や赤ちゃんも摂取できます。

参考:美チョコラ効果なしって本当?口コミは嘘?【サンプル無料配布中】

 

乳酸菌の整腸作用のメリットとデメリット

 

私には乳酸菌サプリと言えば、何てったってビオフェルミンです。

子供の頃から売られていたサプリであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンとなります。

このごろ、乳酸菌がアトピー改善に効果があることが明らかになってきました。

アトピーを誘因するものはいろいろありますが、毎日、毎日たまるストレスや偏っている食事などによって起因されることもありますアトピー患者の大部分は腸内環境が整っていないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることがアトピーを治す第一歩となります。

元々、便秘に悩んでいたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。

便秘改善に効果があった方法は、毎日ヨーグルトを食べるという方法でした。

友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私も早速ヨーグルトをたくさん買って実践してみたのです。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん治ってきて、便秘の苦しみから解放されました。

乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でも腸を整える効果が高いといわれています。

腸内善玉菌を増殖させることで腸の中が活発化し体内に停滞していた便が排出されやすいのです。

ですので、便秘や下痢がよくなるといわれています。

乳酸菌を日々飲むことで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。

アトピー性皮膚炎の治療に使われる医薬品は、年ごとに高い効能を得られるようになっています。

勿論、必ず医師の指導を受けたうえで正しく使用するということが重要です。

仮に、異なる治療方法や医薬品を試したい場合には、医師とよく話し合うか、セカンドオピニオンを参考にするといいでしょう。

自分だけで判断することは好ましいことではありません。

以前から腸内環境をきちんと整えると肌がキレイになると知って、ヨーグルトをたっぷり食べていた私ですが、実を言うと、ヨーグルト同様に納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む食品だそうです。

「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂れないのだと思っていました。

ちょっと照れくさいです。

乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作るという部分では共通していますが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作る働きがあるのだそうです。

だから、ノロ対策に効果があるとされているのですね。

ここ最近は、あちらこちらで、色々な感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。

いつ頃の話でしたか、夜中に高熱におそわれて、40℃を超えるほど上がって健康状態が悪かったので、病院にかかりました。

インフルエンザの検査が実施できますよとすすめられました。

万が一、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、確認したいと願いました。

乳児がインフルエンザになったら、最も大変なことになりかねません。

まだ体力がしっかりしていない赤ちゃんですから、インフルエンザに体が負けないかが不安ですし、インフルエンザで命が危ないことも可能性が有るでしょう。

インフルエンザが広がっている時には、赤ちゃんを連れださない方が利口かもしれません。

私がなぜ便秘になったかというと、普段あまり運動をしないからでしょう。

通勤も毎日車なので、歩いたり、運動したりもあまりありません。

ペットを飼っているわけもでないので、散歩に行くこともありません。

そのような事情で、私は便秘がちなのではないでしょうか。

便秘改善のためにも、ジョギングを今日から始めようと思います。